33本が見つかりました。

  • 在西安青年

    在西安青年
    劇作家:
    加藤真史
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    15人

    2002年9月11日、アメリカ同時多発テロからちょうど一年。中華人民共和国陝西省西安市、西安空港、国内線到着ロビー。シルクロード観光ツアーに参加した日本人グループが現地ガイドの迎えを待っている。全行程7日間のツアーもまもなく終了。ある者は旅 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 春の鯨

    劇作家:
    森馨由
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    舞台は長崎県佐世保市。 時は2006年。選抜決勝戦、横浜対清峰の激闘真っ只中。 地元、清峰高校野球部の躍進に湧く居酒屋盗塁王の常連客。 そして、カウンターの中には女主人の島本緑。 いつもと変わらない風景。奥からは常連客が清峰高校を応援1声。 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ロウバジェット

    ロウバジェット
    劇作家:
    福田卓郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    最近、日本映画が興行ランキングでハリウッド映画に負けない好成績をあげて いる。 では日本の映画製作現場は絶好調なのだろうか? とんでもない。 二極化が進み、小さな映画は今まで以上に苦しい状況と闘っている。 ここにもそんな映画クルーが一組。 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 笑顔。(すまいる)~さざんかの咲くころに~

    笑顔。(すまいる)~さざんかの咲くころに~
    劇作家:
    森下知香
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    都心から数時間…。のどかなお不動さんの町にあるうどん処「たまや」は、庶民的な昔懐かしい田舎うどんのお店。 ここの名物おかみアキは、ちょっと頑固だけれどきっぷがよくて情に厚い、頼れるおっかさんのような存在だった。 ところがその彼女に、少しずつ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 日本文学盛衰史

    劇作家:
    平田オリザ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    高橋源一郎氏の小説『日本文学盛衰史』を大きく翻案した作品。 文学とは何か、人はなぜ文学を欲1のか、 人には内面というものがあるらしい。 そして、それは言葉によって表現ができるものらしい。 しかし、私たちは、まだ、その言葉を持っていない。 こ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 金の卵1970

    金の卵1970
    劇作家:
    三浦実夫
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

     戦後第二次着物ブームに湧く、神田川沿いにある手描き友禅工房に、集団就職列車で少年一平が来る。職人としての道を歩み始めた一平の周囲で起こる人間模様。友禅職人鉄男とお嬢夏子の結婚、恋に破れて染色を去る竜二、原爆症に苦しむ医師川瀬と風子の悲恋、 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • いとしの儚

    劇作家:
    横内謙介
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    何もかもダメな人間だが賭博だけはツキの神様に愛され、負けしらずの鈴次郎。ある日、鬼との勝負に勝ち、戦利品として『女』を手に入れる。この『女』は鬼が墓場の死体を掘り起こしてその良いところだけを集めて作り上げた『女』だった。『儚-はかな-』と名 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 宗達

    劇作家:
    森本洵司
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    戯曲作品。 江戸時代初期の京都。 日本美術史に燦然と輝く俵屋宗達、「風神雷神図屏風」。 謎の天才絵師によって描かれたこの絵は、どのようにして生まれたか。 美のカリスマ本阿弥光悦との競演を通じ、今尚、脈々と受け継がれる「琳派」の誕生。 激動の ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • エンドロールはお静かに

    劇作家:
    竹内介
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    病に伏せて死を待つだけの男のもとにお迎えがやってくる。人生を精一杯生きて富を築き上げ、家族に見守られて死にゆく最期になんの悔いもないと男は言う。ところが、この世のものではないお迎えの姿を男の妻が見てしまう。お迎えの姿が見えることは死期が近づ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 那須野の大地

    那須野の大地
    劇作家:
    広島友好
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    「その昔、金毛九尾の狐が住むと言われた那須野が原は明治の時代に入っても枯草しか生えてない荒れた寂しい草野原であった・・・・」というナレーションで始まる舞台劇「那須野の大地」は、不毛の大地に開拓の鍬を振るい、今日の那須塩原市の礎を築いた先人の ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

11〜20本目を表示中