38本が見つかりました。

  • 仮面夫婦の鑑

    劇作家:
    横山拓也
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    2人

    夫の長期出張中に無断で美容整形手術を施した妻。そのことに腹を立てた夫のいびつな反抗。自身の顔を「中の下」に整形して現れた。顔を変えた夫婦の「見た目」を巡る短編議論劇。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『エデンの東のそのまた東』

    劇作家:
    菅野彰
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    男女二人による音楽劇。劇中の歌については、歌詞を台詞として演じることも可能。 自他の区別とともに共生1こと。多様性の先の複数性を意識して、やわらかい愛情を謳う。 2020年civid-19の影響に伴い、リモート上演対応に改稿している。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • カメレオンノート

    カメレオンノート
    劇作家:
    山口香織
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    図書館に残されていた一冊のノート。男が失くし、女が見つける。少しの好奇心と悪戯心。「カメレオンの音を知っていますか?」そんな言葉から始まったノート上での交流で、二人の心は近づいていく。近づいた先に見える景色。それはーーー

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 正午

    正午
    劇作家:
    前島宏一郎
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    人生の「正午」を迎えたふたり。 かつて過ごした海沿いの喫茶店でお茶を飲んでいる。 これまでの人生を回想1のか、これからの人生を夢想1のか。 寄せては返す波の音のなか、どこまでも続いていく時間。 「わたしが ほろぼされていれば よかった ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 夜曲

    夜曲
    劇作家:
    山﨑哲史
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    「私には、貴男が、いるの」 深夜過ぎ 女は「そこ」にいた ちらかった部屋を見ていたが、やがて溜息とともに片づけ始める 鍵を開ける音 ─ ソファーの後ろに隠れる女 帰ってきた男はビールを一気に飲み干す そのまま二本目を手にソファーに倒れ込む ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 風死して 汗音もたてずにして 落つ 四角な関係vol.2

    劇作家:
    くまがいマキ
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    夏の昼間の日常(ミシン・布団・縫い物)と、日暮れ方の一瞬の闇と過去、「特別な姉」と「恋とは関係のない日常を過ごす妹」のささやかな断絶と愛情が交差します。「四角な関係」は連作短編戯曲集として計画されたシリーズです。vol1は人工授精で生まれた ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 目病み猫と水のない水槽

    劇作家:
    川津羊太郎
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    2人

    美術学校に通う陰気な青年は、ある日、さびれたペットショップの片隅で幼い目病み猫と出会う。青年は猫を買い受けて一人暮らしのアパートに連れて帰るが、その部屋には、魚が一匹も泳いでいない大きな水槽があったーー。 水槽のなかでゆるやかに渦を巻く、儀 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 妄膜剥離

    劇作家:
    川津羊太郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    うだつの上がらないボクサーと、自分の「精神衛生」のために人を救済1ことを趣味に1女。互いの思惑が微妙にすれ違いながらも、日常を重ねていく様子を主に伝聞形式を用いて描いていく。そこで語られる彼らの日常、妄想、回想、を通して、現実(リアル)と虚 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

21〜30本目を表示中