38本が見つかりました。

  • TEA FOR TWO 二人でお茶を

    劇作家:
    関根信一
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    舞台は札幌のホテルの一室、1980年から2005年までの25年間、年に一度のデートをつづける二人のゲイの物語。2005年初演、2006年 2008年 2017年再演 世界エイズデーシアター札幌により、2017年、2018年に上演。2018年 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 星野君の二塁打の別府さんとその妻

    星野君の二塁打の別府さんとその妻
    劇作家:
    くるみざわしん
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    【作品概要】 2018年度から小学校で、2019年度からは中学校で「道徳」が教科化されました。本作は道徳教材として広く使われている「星野君の二塁打」というお話をモチーフに現代の寓話を提示し、「道徳」とは何かを考えます。 【あらすじ】 監督の ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ともだちが来た

    劇作家:
    鈴江俊郎
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    夏。蒸し焼きにされそうな畳の上で男二人がただじゃれあうような会話を楽しんでいる。 大学に入ったばかりの夏休みの里帰り。 久しぶりに会う旧友。 剣道部の友はしかし水も飲んでくれない。 喉は渇くはずなのに。最期は水の中だったから、渇かないとでも ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • みえちゃったりする

    劇作家:
    福田卓郎
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    不動産屋の女が空き部屋に案内してきたのはどことなく不思議な感じの1女。その女がこの部屋には幽霊がいると言い出した。見えない幽霊をはさんで、なんの関係もなさそうな二人が次第に結びついてゆく。見える女と見えない女の怖くておかしい物語。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • こころ、ころろ

    劇作家:
    清野和也
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    【あらすじ】川のほとりに転がる、石ころ。何も書かれていない小さな石ころを、村の人々は祀っていました。それは島原・天草一揆に破れ、この村に逃れてきた、「おかる」という娘を祀った石ころでした。。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • くだんの件

    くだんの件
    劇作家:
    天野天街
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    どこでもない時、どこでもないところ、どこでもない夏の或る日……記憶の奥に取り残された荒廃した店頭。ホコリの積もったカウンターの奥に座る一人の男(ヒトシ)のもとに、一人の男(タロウ)が訪ねてくる。タロウは昔、集団疎開をしていた頃、このあたりの ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ちゃんとした夕暮れ

    ちゃんとした夕暮れ
    劇作家:
    南出謙吾
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    上演時間30分。20代前半の女性と、40代前後の男性の二人芝居。 援助交際の関係からちゃんとした交際に発展したい中年男性と、援助交際の関係を堅持したい女子高生の、要求の応酬劇。 四十路の男(大西)が女子高生(高橋)に交際を迫る。二人は援 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 慎一の青春其の二

    劇作家:
    内田博司
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    千葉療養所を手術を忌避して脱走した慎一は定婆さんに紹介された天道教名古屋支部に落ち着いた。あてがわれた部屋は建築の飯場に似ていた。 朝夕の読経のほかは裏山を崩して平地を造成1仕事だった。これでは命が持たないと動揺したが他に逃げ場がないと観念 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 妄膜剥離

    劇作家:
    川津羊太郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    うだつの上がらないボクサーと、自分の「精神衛生」のために人を救済1ことを趣味に1女。互いの思惑が微妙にすれ違いながらも、日常を重ねていく様子を主に伝聞形式を用いて描いていく。そこで語られる彼らの日常、妄想、回想、を通して、現実(リアル)と虚 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 目病み猫と水のない水槽

    劇作家:
    川津羊太郎
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    2人

    美術学校に通う陰気な青年は、ある日、さびれたペットショップの片隅で幼い目病み猫と出会う。青年は猫を買い受けて一人暮らしのアパートに連れて帰るが、その部屋には、魚が一匹も泳いでいない大きな水槽があったーー。 水槽のなかでゆるやかに渦を巻く、儀 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

1〜10本目を表示中