風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―

  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
  • 風と雲と魂と―シベリア鉄道の晶子―
劇作家:
高谷信之
目安となる上演時間:
2時間~3時間
目安となる上演人数:
16人以上 (男性99人、女性99人)
  1. 【概要】歌人与謝野晶子が、夫である与謝野鉄幹をパリまで追いかけ、シベリア鉄道で行く旅を舞台として、様々な回想・同時代人との交流・衝突と葛藤をプロジェクターに依る動画・静止画を背景に描かれるストレートプレイです。
    【あらすじ】 明治45年、時代は大正へと変わろうとしていた5月、晶子はウラジオストックから出発するシベリア鉄道の乗客だった。既に7人の子をなした夫、与謝野鉄幹の居るパリへ向けての2週間の旅。その旅の中で34歳の彼女は様々な回想、自らの生い立ち、同時代に生きた人々との日々を思い出していた。回想は更に未来へと飛翔する。近い未来と過去の交差する軸の交点で繰り広げられる日常と幻想の瞬間を描き、現代と重なる視点から描いた舞台です。

  2. 劇場 高円寺・明石スタジオ /作・演出:高谷信之・照明:明日英勝 ・音響:川口 博・映像制作:松田充博 /出演・北村りさ・尾崎喜芳・柳井景伊・中谷守男・岡本高英 他

  3. g.c.nobuyuki@etude.ocn.ne.jp 高谷信之




    または

    場合に応じて著作権者への紹介などを行いますので、以下のお問い合わせフォームに作品名を明記の上ご連絡ください。