ジャンル“舞台:日本” 370本が見つかりました。

  • トランス

    劇作家:
    鴻上尚史
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    3人

    高校時代の同級生で親友だった3人。フリーライターの立原雅人、精神科医の紅谷礼子、そしてゲイ・バーに勤める後藤参三(山作家志望の雅人は、時々自分が自分でないような錯覚にとらわれ、礼子の勤める病院を訪れる。そんな折、偶然雅人と再会した参三は、雅 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 流され王

    劇作家:
    徳田憲亮
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

     果てしのない夜は、いつも有刺鉄線の向こう側、あの空き地の方からやって来る。  水洗便所は、遙かな都会の空気を運んできた。そんな憧れの水洗便所を探すために、町外れの脳病院を目指し、少年たちは自転車をこぐ。  黒猫はその前を横切り、口裂け ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 飛べない鳥たちよ、

    劇作家:
    竹野弘識
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    8人

    ある地方の、ある町。 東京で舞台を中心に活動している藤宮航は、母校である明飛(めいひ)中学校に訪れた。 寂れた校舎を眺めながら、当時所属していた男子バレーボール部に想いを馳せる。 体育館の床と室内用運動靴が擦れる音、 体育館の床 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 父と暮せば

    父と暮せば
    劇作家:
    井上ひさし
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    舞台は原爆投下から三年後の広島。 一人生き残った負い目から、自分が幸せになることを禁じた娘・美津江のもとに、亡き父・竹造が現れる。「恋の応援団長」を名乗って奮闘する陽気な父に励まされ、少しずつ明るさを取り戻す美津江だったが……。 父 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 精霊流し

    劇作家:
    岡部耕大
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    舞台は1980年8月15日の肥前松浦。夕暮れ。東京で不倫のすえ、恋に破れた「女」が死に場所を求めて故郷へ戻って来る。自殺未遂で収容される古びた旅館が舞台。旅館を営む「おばば」は、終戦の日の8月15日、不義の子を死なせた思い出に生きている。 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 空巣

    劇作家:
    八木柊一郎
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    6人

    (初演当時の劇評) ・八木柊一郎の新作は家庭という名の空洞と、そこで断片として生きる人間のあがきをあばいた黒い喜劇である。 ・社会の最小単位である家庭においても、虚像と実像、正気と狂気、秩序と混沌のせめぎ合いが色濃く影を落としている状況 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 三人の盗賊

    劇作家:
    八木柊一郎
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    9人

    (象徴的な台詞) ※( )は著作権者補記 あなた方(盗賊の3人)は、わたし達が金持の子に生まれたから、気持ちのいい部屋ときれいな庭のある家に生まれたからと云って羨ましがるんでしょう。軽蔑しながら物欲しそうにじろじろ見るだけで、わたし達がど ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 砂の駅

    砂の駅
    劇作家:
    太田省吾
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    11人

    「水の駅」を始めとした太田省吾の駅シリーズの集大成ともいうべき作品。ゆったりとした動きと台詞無しの沈黙劇である。舞台は直径10Mの砂の円。そこにそれぞれの方角からやってきた旅人たちが、偶然に出会い、ひと時を過ごし、別れ、またどこかへと旅立っ ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 更地

    更地
    劇作家:
    太田省吾
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    長年住み慣れ得た家が解体されてできた更地に、ある夜、一組の夫婦がやってくる。 二人はかつてのわが家の跡をたどって、積み木遊びをしながら、記憶をさかのぼっていく。 なにもない地面の上、夜空の下、地球の上。 男、女、動物、生きている存在。 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ↗ヤジルシー誘われて

    ↗ヤジルシー誘われて
    劇作家:
    太田省吾
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    10人

    なにを指しているのか不明な→(やじるし)がある夫婦の住む家の天井に現れた。つまはその指し示す方向の先へ誘い出され、家を出、彼女の後を追う夫とともに、→(やじるし)の先に現れる迷宮化した街と出会い、さまざまな生を生きる人々と出会い、やがて2人 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 36
  13. 37

1〜10本目を表示中