ジャンル“方言活用” 103本が見つかりました。

  • 流され王

    劇作家:
    徳田憲亮
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

     果てしのない夜は、いつも有刺鉄線の向こう側、あの空き地の方からやって来る。  水洗便所は、遙かな都会の空気を運んできた。そんな憧れの水洗便所を探すために、町外れの脳病院を目指し、少年たちは自転車をこぐ。  黒猫はその前を横切り、口裂け ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 父と暮せば

    父と暮せば
    劇作家:
    井上ひさし
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    舞台は原爆投下から三年後の広島。 一人生き残った負い目から、自分が幸せになることを禁じた娘・美津江のもとに、亡き父・竹造が現れる。「恋の応援団長」を名乗って奮闘する陽気な父に励まされ、少しずつ明るさを取り戻す美津江だったが……。 父 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 精霊流し

    劇作家:
    岡部耕大
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    舞台は1980年8月15日の肥前松浦。夕暮れ。東京で不倫のすえ、恋に破れた「女」が死に場所を求めて故郷へ戻って来る。自殺未遂で収容される古びた旅館が舞台。旅館を営む「おばば」は、終戦の日の8月15日、不義の子を死なせた思い出に生きている。 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 肥前松浦兄妹心中

    劇作家:
    岡部耕大
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    岡部戯曲の特色のひとつは、本人創案の九州弁である。場所もほぼ一定で、松浦という名の架空の地。そこに生きる庶民の群像が太いタッチで描かれる。松浦がかっては産炭地として栄え、今は無残に寂れ果てたという設定から、必然的に社会的な視野が広がる。松浦 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 肥前風土記

    劇作家:
    田中千禾夫
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    明治改元を控えた幕末、フランス人の神父グランピエルは人々にキリスト教を広めようと、政府直轄地である備前国浦上に来ていた。そして訪れた村は、まだ禁教政策のもとにあり、切支丹の村人達は強制的に改宗を迫られていた。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • カレーと村民

    カレーと村民
    劇作家:
    ごまのはえ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    13人

    日露戦争が終わった直後の市井の人々の姿を描いた作品。舞台は大阪近郊にある吹田村の旧庄屋「浜家」の土間。そこに戦争に疲れ傷ついた人々が集い、講和条約の内容を知るが、それは彼らが耐えた苦しみに見合うものではなかった。怒った村人たちは大坂で抗議の ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 地獄谷温泉 無明ノ宿

    地獄谷温泉 無明ノ宿
    劇作家:
    タニノクロウ
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    7人

    人里離れた山里の、名もない湯治宿。そこには、村人たちが憩いの場と病気療養の場を求めてやって来る。 2015年の秋、東京から人形師の親子、父・倉田百福と息子・倉田一郎がやって来た。2人は手紙で依頼を受け、人形劇を観せに訪れたのだが、依頼主が ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 最後の伝令 菊谷栄物語-1937津軽~浅草-

    最後の伝令 菊谷栄物語-1937津軽~浅草-
    劇作家:
    横内謙介
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    昭和初期、エノケンと組み、浅草で人気絶頂を誇ったレビュー作家・菊谷栄は、ある日突然、劇場から姿を消した。軍から招集を受け、地元・青森に戻ったのだ。 劇団員は、借りたレコードや預かった台本、手紙・メッセージ等を菊谷に届けるため、青森出身で新 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 狭い家の鴨と蛇

    狭い家の鴨と蛇
    劇作家:
    角ひろみ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    9人

    そう遠くない未来。ゲリラ豪雨ばかりでもうさほどゲリラでもない。 西の地方の山の方。土砂崩れで川が決壊した集落は解散。 もう誰も住まない。父さんと僕以外は――。 狭い家。というか半分しか残ってない僕の家。 母さんは泥にさらわれて見つか ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 光の中で目をこらす

    劇作家:
    小高知子
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    11人

    ここは時代に遅れたあるアパートの一室。 そこにあらわれるのは、不倫の末駆け落ちをした男女と、その同級生の男。下校途中にアパートの空室に忍び込んで遊んでいる小学生の少女ふたり。友人の家にたむろする四人の男達。よっつ目は、結婚を機にこのアパー ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11

1〜10本目を表示中