86本が見つかりました。

  • 水の駅

    劇作家:
    太田省吾
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    この三部作の第一作「水の駅」の構想では、沈黙したまま演じること、そしてそれを人間の生きた時間とする方法として、きわめて遅いテンポで演じることを試みようとしていた。成算に何の保証もない冒険だったが、舞台にぽつんと立っている水道を思いついた時、 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ジャガーの眼

    劇作家:
    唐十郎
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    「肉体の一部を追うものはなく、追われようとする一部もない」 しがない青年しんいちが肉体市場で角膜を購入し移植したことから始まる。その角膜がかつての持ち主の恋人のくるみを呼び寄せ、青年を平凡な日常から冒険的な非日常へと導く。サンダル探偵社の田 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 狐狸狐狸ばなし

    劇作家:
    北條秀司
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    伊之助とおきわは夫婦。 おきわは昼間から酒を浴び、住職の重善と密通をしている。 一方、伊之助は洗濯をしたり、縫物をしたり、食事を作ったり。 おきわはそんな伊之助のことが気に入らない。 そんなとき、重善に縁談の話が持ち上がる。 それに激怒した ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 続・私の下町 姉の恋愛

    続・私の下町 姉の恋愛
    劇作家:
    福田善之
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    本作は、「私の下町」3部作の2作目にあたる。 第1部「私の下町 母の写真」は昭和11年(2・26事件)から20年(東京大空襲)までの時代を描き、本作は、戦後から50年代後半まで、いつもの街のダウンタウンを舞台に、それぞれに生き延びた「弓屋旅 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 袴垂れはどこだ

    袴垂れはどこだ
    劇作家:
    福田善之
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    時は平安から室町にかけての、いつでも。……ある寒村。村人たちは、いつはてるともしれぬ暗闇を歩き続けるような、圧制に苦しむ暮しを暮していた。彼等の唯一の救いといえば、見知らぬ旅の坊主の残したことば、いつか、袴垂れの党がやって来て、虎よりも猛き ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 幼児たちの後の祭り

    劇作家:
    秋浜悟史
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    「幼児教育の研究会をひらいている一連がある。彼らは、ごっこ遊びを追いながら、つい自分も幼児だと錯覚してしまうようだ。 錯覚が、錯覚を解き放つ。 思い出を等しくする過去が、同一地平に抱き寄せられ、共鳴狂乱する。 彼らは、あの激闘の学生時代から ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 常陸坊海尊

    劇作家:
    秋元松代
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    戦争末期、東京から東北地方に学童疎開となった啓太と豊は、美しい少女、雪乃と出会い、彼女の家にある常陸坊海尊のミイラを見る。 そしてその後、空襲で家族を失い、その喪失から、雪乃と、彼女と一緒に暮らすおばばに魅せられていく。おばばは、常陸坊海尊 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ぼくらが非情の大河をくだる時―新宿薔薇戦争

    劇作家:
    清水邦夫
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    深夜、都内の公衆便所。夜な夜な男が男を求めて集まってくる。そこへ一人の詩人が現れ、便所の壁や柱を愛撫し始める。彼は、愛に破れた無名戦士たちの死体が公衆便所の下に埋められていると信じているのだ。やがて、棺桶を持った男が二人あらわれる。詩人の父 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 身毒丸

    身毒丸
    劇作家:
    寺山修司
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    身毒丸は幼い頃に母を亡くし、母を恋しがっていた。 「家」という家族の形を重んじていた父は、母を売る店で撫子という女を買い、母として家に迎え入れる。だが身毒丸は、撫子を母として認めない。 身毒丸には反抗的な態度をとられ、夫からは「女」としてで ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 身毒丸

    劇作家:
    岸田理生
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    身毒丸は幼い頃に母を亡くし、母を恋しがっていた。 父親は母を売る店で撫子という女を買い、母として家に迎え入れる。だが身毒丸は、撫子を母として認めない。 身毒丸には反抗的な態度をとられ、夫からは「女」としてではなく「母」としか見てもらえず、苦 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9

1〜10本目を表示中