さらば、愛おしき日々よ~麻倉次郎吉 愛の物語~

  • さらば、愛おしき日々よ~麻倉次郎吉 愛の物語~
  • さらば、愛おしき日々よ~麻倉次郎吉 愛の物語~
劇作家:
スズカチヒロ
目安となる上演時間:
40~60分
目安となる上演人数:
6人 (男性3人、女性3人)
  1. 主人公、麻倉次郎吉は金持ちのみをターゲットにし、たった一人で盗みを成し遂げる盗人である。たった一人で盗みを成功させる爽快感から、街では大変人気が高く、“悪のヒーロー”とまで言われていた。正義を貫く鬼警部、平塚佐助。彼は次郎吉と共に孤児院で育った過去を持つ幼馴染でありライバルであり宿敵だ。キーとなるのは一人の少女、石崎久美子。石崎財閥の令嬢である。彼女の「私を盗んで欲しいの」という一言で物語は大きく動き出す。石崎財閥は後藤ホールディングスの若社長、後藤と政略結婚を予定、久美子は愛のない結婚から逃げ出したかった。久美子を取り返そうと1後藤と、職務としてその仕事に就く平塚。帰りたがらない久美子。次郎吉は、久美子と関わるうちに、今まで自分の人生とは無縁だった愛というものを知る。誰からも愛されずたった一人で生きてきた次郎吉が誰かのために動けるようになるまでの成長ものがありであり、愛の物語である。

  2. 場合に応じて著作権者への紹介などを行いますので、以下のお問い合わせフォームに作品名を明記の上ご連絡ください。