112本が見つかりました。

  • ゆるやかに死んでいく

    ゆるやかに死んでいく
    劇作家:
    川村祥太
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    3人

    震災で娘を亡くした父親と、震災とは関係ない幼馴染の男女。 忘れたい、忘れたくない、忘れてもいいや、という思いがずっと交差しているこの国で、 きっと交わることのない一人と二人の話。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 妖怪狂言「冥加さらえ」

    妖怪狂言「冥加さらえ」
    劇作家:
    山川里海
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    16人以上

    龍神のmissionを果たさねば石にされる河童たち。百年ぶりに深山の水源から下流の里へ下りてきた河童太郎と小河童は、牛馬ほどもある化け猫妖怪‘おからねこ’や甘酒を売り歩きながら人の汚れを吸って生きながらえる‘甘酒女’と手を組んで川の『冥加さ ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • よかっちゃん

    劇作家:
    宮園瑠衣子
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    5人

    休業している居酒屋よしおかの2階。蒸し暑さのせいか苛立つ香里とその機嫌を取る隆。梯子を使って部屋に遊びに来た百合子、そしてリフォーム会社の平田がやって来て奇妙な時間が流れる4人にうだるような夏の日差しが強く差し込んでゆく。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • The Early Best of すわ親治

    The Early Best of すわ親治
    劇作家:
    故林広志
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    1人

    元ドリフターズのすわ親治が作家故林広志と組んで2002年から始めた「ひとりコメディ」シリーズの初期名作集(2004年9月タウンホールにて上演)より4本を抜粋。モップを女性に見立てたダンスなど体技も含めた不思議な温かみのある不条理コント集。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 『ミソジニー!!』

    劇作家:
    サカモトエリ
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    4人

    “ミソジニー”とは。女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視のことである。本来の意味とは異なるが、筆者が30歳になった自分が今までの人生で感じてきたことを書き残すために書いた作品である。30歳となった女性が思うくだらない幻想と葛藤を詩的文体、コント ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 絶対恋愛王政

    絶対恋愛王政
    劇作家:
    坂本鈴
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    9人

    モテと人気によって聖絢爛学園の全校生徒を支配している生徒会執行部。しかし、ただひとつ、その生徒会に従わない部活があった。それは2 次元を愛し生身の女に屈することのないアニメ研究会。生徒会はあらゆる手段をつかってアニメ研究会を活動停止に追い込 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • Bridge

    Bridge
    劇作家:
    西史夏
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    3人

    【あらすじ】 大正十四年五月、兵庫県にある城崎温泉街を巨大な地震が襲った。 「女が好きなだけ泣けるのは、赤子のうちだけ」と言われ、泣くことも怒ることもなく、足元に咲くスミレのように、ひっそりと、ただ懸命に生きてきた若女将のサヨ。災禍の只 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • カレーかハヤシか

    劇作家:
    ふじもり夏香
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    (人物) 高坂涼子(こうさかりょうこ) 50歳 専業主婦 中川真奈美(なかがわまなみ) 25歳 OL (あらすじ) 上司の高坂の妻涼子(50)に招かれて、高坂家を訪れた中川真奈美(25)。高坂はあいにく留守だったが、妻の涼子に歓 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • パセリ農家の悲願

    劇作家:
    阿部慎一郎
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    7人

    茨城県の花穂さんのパセリ農園で生まれた「パセ・パセ夫」は東京都北池袋のとある小汚い定食屋に出荷された。 エリート野菜として育てられたパセ夫には大きな試練が立ち塞がる。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12

81〜90本目を表示中