61本が見つかりました。

  • 天人のいた空

    劇作家:
    上田真弓
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    12人

    小中学生の子どもたちとワークショップを重ねながらつくった作品。地元の村の山にまつわるお話(鞍のない馬の背中に見えるから「がらまん岳」と呼ばれる、大きな足のかたちの湖がある)から、大きな大きな人(天人)がやってきた村のお話をつくった。昔々、大 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『愛した日々に悔いはない Kiss today goodbye.』

    劇作家:
    菅野彰
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    1人

    小林多喜二の短い生涯に基づいた、一人芝居。唱歌の歌唱が入る。 治安維持法による激しい弾圧と闘い拷問死した多喜二。 その多喜二の闘争から少し離れて、青春と呼べたのだろう文学や音楽、そして家族愛と拙い恋に生きた朗らかな青年期を描く。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 明日、宇宙人になります

    劇作家:
    美崎理恵
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    5人

    世界中から原因不明の痒みが報告されている。 検査をしたところ、体内から検出されたのは地球に存在しないDNA。 人間が地球外生物になる?世界中が大騒ぎ。 そんな中。検査結果を待つ人々が一晩を過ごす待機所がある。 そこに名前を伏せて手紙を出そう ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • アンファン・ポトフ

    アンファン・ポトフ
    劇作家:
    宇吹萌
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    4人

    三〇一二年、ニューヨーク。世界は飢饉に見舞われ、人々はビタミン剤の配給生活を強いられている。そんな飢饉の時代に、空腹のあまり盗んだリンゴを食べてしまったという少女が教会に懺悔しにやってくる。  「口で犯した罪は口で償いなさい」と神父は少女に ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • いちゃもん

    いちゃもん
    劇作家:
    下川おかし
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    5人

    友人が高円寺に自宅の1階を使って小さなギャラリーを作った。「ドラシド・ハウス」ドラとシドは猫の名前だ。ある秋の日、私は留守番を頼まれた。彼女の母親が亡くなった。家に連れ帰ったが、まだ病院の手続きが残っていて出かけなければならない。母を一人お ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 犬の夜

    劇作家:
    山田めい
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    6人

    管理局で働く日井と佐々岡部長の仕事は、この国で働きたいと望む人たちの話を聞くことだった。その傍、二人は「犬」たちの話も聞くということにも専念していた。「話をきく」管理局の思いとは裏腹に、世間では、管理局で行われていることを知る人々が抱く薄ら ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • エレベーター

    劇作家:
    黒羽英二
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    4人

    1人の(多分)若い男が迷い込んだ(あるいは暮らしていた)ビルの中の生活は仕事・食事・娯楽・休息・等すべてが細分化され、機械化され、息がつまる現実が残されているばかりである。この現実から脱出しようと男がさ迷い歩いて倒れ込んだところがエレベータ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 男の遺書

    劇作家:
    サカモトエリ
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    1人

    手紙形式の戯曲。 終始男の1人称の語りで続く。一人の男がどうやって生きてどうやって生きづらさを感じて生きてきたのか。人を巻き込んできたのか。男の思い込みにより捩れた感情が劇中でどう伝わるのかが原作・演出を含めで変わっていく作品かと思います。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 親子恋行

    劇作家:
    こむろこうじ
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    2人

    娘が父親の臨終に立ち会うに際し、二人の思い出を回想する物語。震災も絡めているが、身近な人の死は当人にとっては震災以上に乗り越えなければならない災いであることを内在している。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 合唱のためのシアターピース・あの日の空の詩

    合唱のためのシアターピース・あの日の空の詩
    劇作家:
    しままなぶ
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    16人以上

     越の国室内合唱団VOX ORATTAにより委嘱初演された、合唱のためのシアター・ピース。  作曲は信長貴富。カワイ出版にて楽譜が出版。  ピアノ伴奏を伴う合唱曲とセリフとの融合により物語は展開していく。個人のセリフによる会話と、合唱という ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

1〜10本目を表示中