61本が見つかりました。

  • 銀河旋律

    銀河旋律
    劇作家:
    成井豊
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    9人

    タイムマシンが実用化された時代。柿本光介はテレビ局のアナウンサー。司会をつとめる「ニュース・プラネット」の本番中、突如、めまいに襲われる。タイムトラベラーによって過去が改変された人間は、めまいに襲われるのだ。柿本は直ちに恋人・春山はるかのも ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 私、洗濯機をさらいにいくわ

    劇作家:
    原田ゆう
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    1人

    上更家くすりはかつて住んでいたアパートを訪れ、洗濯機(外置き)を現住人に無断で持ち去る。その洗濯機は、2014年、インド洋上で行方不明になったマレーシア航空の飛行機に搭乗していた恋人、楊が大事にしていたもので、くすりは引越しの際に処分できず ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 贋作マクベス

    劇作家:
    中屋敷法仁
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    5人

    高校演劇の大会にシェークスピア作品「マクベス」で挑もうと1青森の演劇部員たち。しかし、方向性やモチベーションの違いから、通し稽古はどんどんおかしくなっていく。100%実話に基づく、ノンフィクション演劇。内輪ネタを多発し続ける高校演劇界に、新 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 真夜中の太陽(高校演劇Ver.)

    劇作家:
    工藤千夏
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    11人

    戦時中の少女たちの小さな日常の物語。 2009.11.4-11.8 全労済ホール/スペース・ゼロ(東京)で行われた全労済ホール/スペース・ゼロ20周年記念「ラフカット2009」ラフカット15周年スペシャル  第二話「真夜中の太陽」(原案・音 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ハレハレ。

    ハレハレ。
    劇作家:
    守田慎之介
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    8人

    2016年に北九州芸術劇場との共同企画で、地域の高校生をオーディションし創作した作品。会場は古民家ギャラリーであったため、その場所に合わせて書かれている。2018年には別地域でのホール公演も実施。 2017年に九州戯曲賞を受賞。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 河童

    河童
    劇作家:
    畑澤聖悟
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    15人

    平凡な町の平凡な高校、平凡な教室。一人の可憐な女子高生が突然河童に変身した。どうしてって聞かないで。だって不条理なんだもん。フランツ・カフカに捧げる愛と笑いの55分。青森県立青森中央高等学校演劇部により上演され、第54回全国高等学校演劇大会 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら

    もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら
    劇作家:
    畑澤聖悟
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    15人

    2011年5月。青森市にある某県立高校。その野球部に一人の女子マネージャーが入部します。彼女は1年生の頃、陸上部に入部しており、やり投げでインターハイに出場したほどの選手でしたが怪我のため現役を断念し、しかも陸上部が廃部になったため、2年生 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 振って、振られて 

    振って、振られて 
    劇作家:
    くるみざわしん
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    3人

    【作品概要】 本作「振って、振られて」は憲法に、自分の信条と社会の状況の間で七転八倒する登場人物の姿を描き、観客に考える機会を提供します。本作のこの特徴は高く評価され、2017年9月の初演以来、各地から上演依頼があり、2018年11月までに ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 新生戯曲展 隠顕

    新生戯曲展 隠顕
    劇作家:
    宇里香菜
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    7人

    耳なし芳一のオマージュ/主人公の男が、各地を旅しながら出逢う人たちに昔話を話す。昔話がいつの間にか現実の話ではないかと疑い出し、最後に実は死ぬことを許されない耳なし芳一だった。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

1〜10本目を表示中