ジャンル“ドラマ” 210本が見つかりました。

  • 月待ち町のストリッパー

    月待ち町のストリッパー
    劇作家:
    瀧口敦子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    14人

    月待ち町に住む元ストリッパー「ローズ」。「ローズ」はかつて「月待ち町」の伝説ストリッパーだった。月のあかりの下で踊るストリッパー。彼女は今、過去の記憶のなかだけで生きていた。そんなある日ローズの元へ訪ねてきた人々によって彼女の止まっていた時 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 幸せの追求

    幸せの追求
    劇作家:
    宮下美和
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    12人

    認知症患者の行方不明が多発1中、行方不明だったある老婆が見つかる。その老婆は『「天国」に行ってきた。』と話すが、認知症の彼女の言葉を誰も本気にはしなかった。そんな中、脳外科医の原田はその言動から、彼女が認知症ではないと確信を持つ。調査を始め ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 宗達

    劇作家:
    森本ジュンジ
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    戯曲作品。 江戸時代初期の京都。 日本美術史に燦然と輝く俵屋宗達、「風神雷神図屏風」。 謎の天才絵師によって描かれたこの絵は、どのようにして生まれたか。 美のカリスマ本阿弥光悦との競演を通じ、今尚、脈々と受け継がれる「琳派」の誕生。 激動の ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ふたたびの日は何色に咲く

    ふたたびの日は何色に咲く
    劇作家:
    山谷典子
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    市川房枝、平塚らいてう、原阿佐緒。 大正から昭和にかけ、「新しい女」と呼ばれた三人の女性。 短歌に、政治運動に、恋に...それぞれの道を進んで行く。 時代に翻弄されながらも 力強く生きた女性たちの物語。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • あの子にあたらしいあさなんて二度とこなきゃいいのに

    あの子にあたらしいあさなんて二度とこなきゃいいのに
    劇作家:
    升味加耀
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    5人

    演劇部の夏合宿は三泊四日。 生憎全日嵐が続く。 メグの初めての彼氏・「あさだくん」は美人の転校生・「よるかわさん」といい感じ。 親友のユキは、新しい友達・サーちゃんと仲良くなって、たまにメグが入れない話で盛り上がる。 鯉沼先生は ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ドキュメンタリー

    劇作家:
    古川健
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    3人

    1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が 日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人が ジャーナリストに内部告発を行う。そしてジャーナリストと社員は 日本医学界の深い闇を知る・・・

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • Fumiko

    劇作家:
    重信臣聡
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    現代、ステージと客席の区別のない空間で劇が始まる(M1 夢の劇場)。 1937年アメリカ西海岸の日本人街。日本人街に暮らす正一が祭りの準備をしている。 日本から鐵三が港に到着する。いとこである正一が迎えに行き、街を案内し、妹のFumikoが ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 害悪

    害悪
    劇作家:
    升味加耀
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    【あらすじ】 20XX年、仮想世界における第三次世界大戦が勃発。 各国は、極めて”平和的”なこの戦闘を、粛々と続けた。 マジマ家の三姉妹は、母の遺影とともに都内の一軒家にひっそりと暮らしていた。 長女・アサコは、戦死者そっくりの ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • バージン・ブルース

    バージン・ブルース
    劇作家:
    大池容子
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    4人

    結婚式場の控え室。 新婦の女はウェディングドレスに身を包み、煙草に火をつける。 彼女の視線の先には、初老の男たち二人。 夫婦のようにも見える彼らのやり取りを“娘”である女は慣れた様子で眺めていた。 “父”の一人である男の走馬灯として語られる ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 12
  5. 13
  6. 14
  7. 15
  8. 16
  9. 17
  10. 18
  11. 19
  12. 20
  13. 21

201〜210本目を表示中