74本が見つかりました。

  • サカシマ

    サカシマ
    劇作家:
    斜田章大
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

    一九九九年七月三一日。私は生まれた。それは奇しくもノストラダムスの予言の年。空から恐怖の大王が降って来るとされた年。世界が終わらなかった年。数学教師のお父さんと、国語教師のお母さんの下に生まれた私は、しっかり者のお姉ちゃんと一緒に育てられて ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 黄昏ボンド

    劇作家:
    四夜原茂
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    7人

    純一郎は木造アパートで独り暮らしをしていた。今まで誰も訪ねてこなかった彼の部屋が、ある日たくさんの人で溢れていく。彼は言う。「僕はある大きな事件の当事者で、今過去を振り返ってるところなんです。」しかし、主人公になるためにはかなり修業が必要で ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • knob

    劇作家:
    夏井孝裕
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    20世紀末、開発中止になったベイエリアのビル。人組の男女ば一夜を過ごしに訪れる。男が目を離した間に女は姿を消す。開いている窓の下を見ることができないでいるところに奇妙な女が現れ...。 公開審査において激論を巻き起こした第四回劇作家協会新人 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ゼロ番区

    ゼロ番区
    劇作家:
    松本匠
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

    東京拘置所内にある死刑囚舎房。通称「ゼロ番区」と呼ばれている。 新四舎二階に収監されている4人の死刑囚達。 南やすし死刑囚は新任看守長に目の敵にされ何度も懲罰房に入れられてしまう。 赴任早々死刑囚達に対して古木はこう言った「お前達を同じ ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 帰りたいうちに

    帰りたいうちに
    劇作家:
    棚瀬美幸
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    老人性痴呆症のグループホームを舞台にしたこの作品は、シリアスな設定でありつつも、老人たちによる会話はユーモラスでどこか滑稽でもあります。 若い役者が老けの演技をせずに、老齢だと明らかにするという演劇手法のもと、記憶の不確かさを描くことにより ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • うお傳説

    うお傳説
    劇作家:
    山崎哲
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    7人

    1973年、立教大学助教所が不倫関係にあった女子学生を殺害後、一家心中するという事件が起きた。その事件を島尾敏雄の『死の棘』を折り重ねながら描いた戯曲である。82年岸田戯曲賞受賞作品。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 花の塔婆

    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

     能「卒都婆小町」をモチーフに『百夜通い』に焦点を当てて展開。  老いた小町のもとに通ってくる若き整体師。彼は小町の唯一の財産である邸を狙っていた。小町の情を引こうと、毎日手みやげを持って通っている。  一方、若い頃の小町のもとには、深草と ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 放課後のおと

    放課後のおと
    劇作家:
    佐藤剛史
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    6月。2週間後に文化祭公演を控えたある高校演劇部の部室。不安を抱えながら部長を務める3年生の真由子。争いが嫌いでごまかしの下手な佳菜絵、つい攻撃的になってしまいがちな久美香、元々裏方志望だったが舞台に立つことになった優里、という2年生3人。 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8

51〜60本目を表示中