237本が見つかりました。

  • 沙羅、すべり

    沙羅、すべり
    劇作家:
    芳﨑洋子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    6人

    第7回劇作家協会新人戯曲賞佳作。 砂袋がたくさん積まれた古びた倉庫。幼い頃、ここでよく遊んでいた兄・ヒロシと、妹・ケイだが、今はすれ違うことが多い。二人を取り巻く人々によって、過去と記憶が交錯する。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • クエーク クリップ クリック ~Quake Clip Click Click~ 完結版

    クエーク クリップ クリック ~Quake Clip Click Click~ 完結版
    劇作家:
    加賀屋淳
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    杉浦凛子は仙台に住む20代半ばの女性。阪神・淡路大震災で被災。当時住んでいた生家は震災で全壊し、近い身内も亡くなったため、母親の実家である仙台に移り住んだ。以来彼女は災害に強い建築物をつくるという信念を抱き、建築設計家となった。 ある日、凛 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『凍て月』

    劇作家:
    上坂京子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    二〇一五年、八月二三日。「シベリア抑留研究会・企画展」会場。責任者の北山大学の北川教授に招かれ、会場を訪れた元シベリア抑留者で、「抑留者の会」の代表である車椅子に座る加藤芳雄とヘルパーの橘容子。 と、展示物の中の一枚のパネル。報道写真。そこ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 「ミカンの花が咲く頃に」

    「ミカンの花が咲く頃に」
    劇作家:
    釘本光
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    九州の、海と山に挟まれた小さな集落、猿ヶ実村。 海浜部には漁港があり、山の斜面にはミカン畑や棚田が 広がるこの村は、高速道路建設に伴う立ち退き問題で揺 れている。 立ち退きを受け入れて農家継続をあきらめ、 村を去る者、まだ迷っている者、断固 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 関門オペラ

    関門オペラ
    劇作家:
    田坂哲郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    13人

     独裁者だった平清盛の死後、三男宗盛は新総帥として平家の建て直しをはじめる。しかし、命を大事にしたい宗盛の言動は、武士のプライドを重んじる一族たちの目には卑怯で貧弱に映る。一方、源義経は命知らずな戦法を次々成功させ、宗盛達を追い詰めていくの ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 離宮のタルト

    離宮のタルト
    劇作家:
    丸尾聡
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    「甘いって、なに?」 「え…」 「甘いってなんだったのかしら…」    病気を抱えて食を制限されたパティシエと、味覚障害の恋人。 美しいスイーツを前にしながら、そのおいしさを味わうことのできないふたりの、幸福の欠け落ちた夜毎のティータイム。 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 夜の太陽

    夜の太陽
    劇作家:
    萩原宏紀
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

    空を見上げると、日を追うごとに月が大きくなっている。 わたしが覚えている限り、前の200倍くらい。 それは月が近づいてきているのか、もしくはどんどん巨大化しているのか、えらい学者の先生とか、研究者とか、大学の先生とか、カリスマ塾講師とか、い ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 6
  5. 7
  6. 8
  7. 9
  8. 10
  9. 11
  10. 12
  11. ...
  12. 23
  13. 24

81〜90本目を表示中