ジャンル“現代劇” 415本が見つかりました。

  • ガラ版 ハーメルンの笛吹き

    ガラ版 ハーメルンの笛吹き
    劇作家:
    ガラ林
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    13人

    貴方は 何処から来て 何処に行くのか? 目を閉じ耳を塞げ と 大人は叫ぶ!! 街に笛の音色が鳴り響き そして 少年は消えた。。 音楽を生演奏 GYPSYVAGABONZ ジプシーヴァガボンズ でお届けし ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • カレーかハヤシか

    劇作家:
    ふじもり夏香
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    2人

    (人物) 高坂涼子(こうさかりょうこ) 50歳 専業主婦 中川真奈美(なかがわまなみ) 25歳 OL (あらすじ) 上司の高坂の妻涼子(50)に招かれて、高坂家を訪れた中川真奈美(25)。高坂はあいにく留守だったが、妻の涼子に歓迎され、二 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 彼らの敵

    彼らの敵
    劇作家:
    瀬戸山美咲
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    6人

    1991年3月、パキスタンのインダス川で川下りをしていた日本人大学生3人が 強盗団に誘拐される事件が起きた。3人のうち1人は伝達係として解放されたが、残りの2人は44日間、監禁された。2人のうちのひとりは、帰国後、週刊誌のカメラマンに追われ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 川辺市子のために

    川辺市子のために
    劇作家:
    戸田彬弘
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    10人

    サンモールスタジオ選定賞2015最優秀脚本賞受賞 夏は、どうしたって、いつだって、暑すぎるから、 「私」は、罪を、犯すことになる − ​ 川辺市子、1987年大阪生まれ、2015年失踪、女性、戸籍無し、その証言と記録。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 川辺月子のために

    川辺月子のために
    劇作家:
    戸田彬弘
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    12人

    女性。戸籍​、なし。私たちは、生きるために選んだ。 映画監督の戸田彬弘が作・演出を務めた『川辺市子のために』。2015年8月、劇場を熱狂の渦に巻き込み好評を博した。それから3年の時を経て、新たにその続編『川辺月子のために』とともに再 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • カンザキ

    カンザキ
    劇作家:
    ピンク地底人3号
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    8人

    京都府南区の西側を縫うように流れる敬川。その敬川にかかる大草橋を西へ降りていくとダンプカーと2tトラックがひしめき合う工場地帯が見えてくる。 灰色の煙突からは黄色い煙が立ち上り、赤錆びた鉄の匂いが街の隅々にこびりついている……。 その街の中 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 贋作マクベス

    劇作家:
    中屋敷法仁
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    5人

    高校演劇の大会にシェークスピア作品「マクベス」で挑もうと1青森の演劇部員たち。しかし、方向性やモチベーションの違いから、通し稽古はどんどんおかしくなっていく。100%実話に基づく、ノンフィクション演劇。内輪ネタを多発し続ける高校演劇界に、新 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • がんばろうー柏木家の人々―

    劇作家:
    岡部耕大
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    14人

    舞台は「三池闘争」が激烈を極めていた1960(昭和35)年。日本全土が日米安全保障条約の初めての改訂を巡って揺れに揺れていた。福岡県の大牟田では三井三池炭鉱の人員整理を巡って、壮絶な労働争議が闘かわれていた。それは当時、総資本と総労働の決戦 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 奇跡

    劇作家:
    佐野和敏
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    いろいろな状況で起こる奇跡を、オムニバス形式で描いた作品。 『願い』オリンピックに出場した長男の放送を、DVDに収めようとする家族の話。 『新種』新しい植物の開花をひたすら待つ、助手たちの話。 『任務』クリスマスに任務に就く、サンタクロー ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • キタイ

    キタイ
    劇作家:
    じんのひろあき
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    野田秀樹さんのような言葉遊びで構成されている戯曲を書きたかった。この『キタイ』にはさまざまな『キタイ』という音が出てくる。とにかくどこまでどの台詞の中にも『キタイ』という言葉を入れることができるのかに挑戦した。題材は『311』のその後を『南 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11
  9. 12
  10. 13
  11. ...
  12. 41
  13. 42

91〜100本目を表示中