86本が見つかりました。

  • 妖怪狂言「冥加さらえ」

    妖怪狂言「冥加さらえ」
    劇作家:
    山川里海
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    16人以上

    龍神のmissionを果たさねば石にされる河童たち。百年ぶりに深山の水源から下流の里へ下りてきた河童太郎と小河童は、牛馬ほどもある化け猫妖怪‘おからねこ’や甘酒を売り歩きながら人の汚れを吸って生きながらえる‘甘酒女’と手を組んで川の『冥加さ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 薄い桃色のかたまり

    薄い桃色のかたまり
    劇作家:
    岩松了
    上演時間:
    3時間以上
    上演人数:
    16人以上

    [未曽有の大震災から6年が経った。 住人がいない地域では、動物たちが、とりわけ、イノシシが我がもの顔に人家への出入りを繰り返すという事態になっていた。 一時避難を余儀なくされている添田家では、やがて帰還1ために、少しずつ家の修復をしようとし ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 悪左府

    劇作家:
    平野正喜
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    国立劇場歌舞伎台本募集への応募作として執筆した新作歌舞伎「藤散女男悪左府(ふじちらすめおのあくさふ)」を再構成したものの改訂版です。4幕4場で、国立劇場や歌舞伎座などの花道を有する劇場での上演を想定しています。「悪左府」と呼ばれる平安の藤原 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 奇跡

    劇作家:
    佐野和敏
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    いろいろな状況で起こる奇跡を、オムニバス形式で描いた作品。 『願い』オリンピックに出場した長男の放送を、DVDに収めようとする家族の話。 『新種』新しい植物の開花をひたすら待つ、助手たちの話。 『任務』クリスマスに任務に就く、サンタクロー ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『凍て月』

    劇作家:
    上坂京子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    二〇一五年、八月二三日。「シベリア抑留研究会・企画展」会場。責任者の北山大学の北川教授に招かれ、会場を訪れた元シベリア抑留者で、「抑留者の会」の代表である車椅子に座る加藤芳雄とヘルパーの橘容子。 と、展示物の中の一枚のパネル。報道写真。そこ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 「ミカンの花が咲く頃に」

    「ミカンの花が咲く頃に」
    劇作家:
    釘本光
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    九州の、海と山に挟まれた小さな集落、猿ヶ実村。 海浜部には漁港があり、山の斜面にはミカン畑や棚田が 広がるこの村は、高速道路建設に伴う立ち退き問題で揺 れている。 立ち退きを受け入れて農家継続をあきらめ、 村を去る者、まだ迷っている者、断固 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 業火の姫

    業火の姫
    劇作家:
    鶴川里香
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    戦国時代初期。 海見の国は大きな港と豊かな田畑、金山を持っていた。 領主の芳春は武力、知力にすぐれ家臣に慕われていたが、姉の沙羅に執着している。 沙羅は自分が認めるものしか愛さない。権力と財力を使い勝手気ままに生きていた。 沙羅の振る舞いに ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9

31〜40本目を表示中