86本が見つかりました。

  • 悪左府

    劇作家:
    平野正喜
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    国立劇場歌舞伎台本募集への応募作として執筆した新作歌舞伎「藤散女男悪左府(ふじちらすめおのあくさふ)」を再構成したものの改訂版です。4幕4場で、国立劇場や歌舞伎座などの花道を有する劇場での上演を想定しています。「悪左府」と呼ばれる平安の藤原 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • あたらしい生活シアター

    劇作家:
    菅原直樹
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    「まるで世界中が老人ホームになった」 会いたい人に会えない、行きたいところに行けない、限られた空間で暮らす毎日。コロナ禍で始まった自粛生活、それはまるで老いのリハーサルのようだ。当たり前の自由が奪われたとき、私たちの心と身体は一体何を求める ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • アトリエ・ジャマイカ

    劇作家:
    伊地知克介
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    人は絵を描く。絵画教室でも、古代の洞窟でも、難民キャンプでも、時には戦場でさえ。舞台は2017年の地方都市にある絵画教室「 アトリエ・ジャマイカ」▽同じまちにある洞窟▽1945年、家族が出征して女性だけになった旧家▽戦場になった中国の洞窟▽ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • イキザマ3

    イキザマ3
    劇作家:
    松本匠
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    三多摩大学に入学した野瀬は、体育会系とは無縁の貧弱とも見える一年生 新入生歓迎会の際、たまたま目にした応援団員の熱意に溢れる演舞と そしてある「言葉」が心に響き、 応援団に入団1ことを決意する。 同輩の宮本は女性でありながら幼い頃からの ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 石橋の伝説 (前編 肥後石工水口橋別離 本編 大川心中物語)

    石橋の伝説 (前編 肥後石工水口橋別離 本編 大川心中物語)
    劇作家:
    岡山晴彦
    上演時間:
    3時間以上
    上演人数:
    16人以上

    (前編)幕末薩摩の地で肥後の石工の言伝えを脚色した物語。棟梁三五郎は石橋築造治水など難工事を成し遂げるが、藩の紛争に巻き込まれ、やがて愛する女の不慮の死を弔い、薩摩の石工達に見送られ、最後に架けた石橋を渡り別れを告げて行く。(本編)東京下町 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『凍て月』

    劇作家:
    上坂京子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    二〇一五年、八月二三日。「シベリア抑留研究会・企画展」会場。責任者の北山大学の北川教授に招かれ、会場を訪れた元シベリア抑留者で、「抑留者の会」の代表である車椅子に座る加藤芳雄とヘルパーの橘容子。 と、展示物の中の一枚のパネル。報道写真。そこ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 糸地獄

    劇作家:
    岸田理生
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    岸田理生の最も代表的な作品で、劇団で何度も再演され、海外公演まで行われ好評を得た作品である。 昼は紡績工場、夜は娼家となる糸屋と、糸屋に続く海の傍の一本道を主な舞台に、少女〈繭〉を中心に展開される。記憶を失い疲弊した〈繭〉は、一本道を歩いて ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • Infinity

    Infinity
    劇作家:
    久光真央
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    ホスピス。ここは末期がんの患者たちを【あたたかく迎える場所】 姫香は“元カリスマモデル” いつからだろうか。“元”が付くようになったのは。 自分に自信が持てない姫香。先の見えない毎日に、不安を抱えていた。 『私なんか…』そう言って、逃げてば ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 薄い桃色のかたまり

    薄い桃色のかたまり
    劇作家:
    岩松了
    上演時間:
    3時間以上
    上演人数:
    16人以上

    [未曽有の大震災から6年が経った。 住人がいない地域では、動物たちが、とりわけ、イノシシが我がもの顔に人家への出入りを繰り返すという事態になっていた。 一時避難を余儀なくされている添田家では、やがて帰還1ために、少しずつ家の修復をしようとし ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9

1〜10本目を表示中