ジャンル“現代劇” 415本が見つかりました。

  • 害悪

    害悪
    劇作家:
    升味加耀
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    【あらすじ】 20XX年、仮想世界における第三次世界大戦が勃発。 各国は、極めて”平和的”なこの戦闘を、粛々と続けた。 マジマ家の三姉妹は、母の遺影とともに都内の一軒家にひっそりと暮らしていた。 長女・アサコは、戦死者そっくりの ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話

    解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話
    劇作家:
    オノマリコ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    9人

    この戯曲は2009年に東京女子大学で実際に起こった出来事をモデルにしています。 その夏、私は新聞の記事で、自分が通った女子大の体育館が解体されることを知りました。当時大学の中に体育館は二つあり、そこは旧体育館と呼ばれていました。 体育館の解 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 『皆の団地(カイノウチ)』

    劇作家:
    上坂京子
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    5人

    「花森ひかり団地」の住人、望月真紀はフリーランスのカメラマン。七歳の時に震災で両親を亡くし、祖父聡の元に引き取られたが、二四歳の時に聡が他界。あることがきっかけで勤めていた新聞社を辞め、遺された自宅兼作業場の三〇二号室にて、女としての生き方 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 帰りたいうちに

    帰りたいうちに
    劇作家:
    棚瀬美幸
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    老人性痴呆症のグループホームを舞台にしたこの作品は、シリアスな設定でありつつも、老人たちによる会話はユーモラスでどこか滑稽でもあります。 若い役者が老けの演技をせずに、老齢だと明らかにするという演劇手法のもと、記憶の不確かさを描くことにより ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • かえりみちの木

    かえりみちの木
    劇作家:
    中村ケンシ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    9人

    村のほぼ中央に大樹は立っている。その枝は空を覆うように両手を広げ、その太い幹の表面は苔むしており、大樹の悠久の時をにじませている。その場所に人々が集う。観光客に巨木の歴史を語る中年の男。一人で巨木を見上げる女。逃げてきた女。都会で行き詰まっ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 楽屋から

    楽屋から
    劇作家:
    犬養憲子
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    1人

    琉球舞踊の公演の楽屋での話。一曲終わって帰ってきた踊り子たちは、次の演目の衣装に着替えながら、今、舞台で踊っている姉さんそっちのけで、井戸端会議に余念がない。姉さんの新しい旦那の話。ペリーって何人?普天間飛行場が返還されたら、その跡地に何を ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 崖っぷちのピイプル

    崖っぷちのピイプル
    劇作家:
    青木由里
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    13人

    ここは“三途の崖”という自殺の名所。この崖にやって来る人々が織りなす短編五本作品。 ①新婚さんは崖っぷち:新婚一ヶ月の羊朗と鳥菜。羊朗には、結婚直前まで同僚亜猪と不倫関係にある。 ②崖っぷちの殺意:猿太・祢子夫婦と警官である犬一が崖っぷちで ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11
  11. ...
  12. 41
  13. 42

71〜80本目を表示中