33本が見つかりました。

  • 一遍

    劇作家:
    重信臣聡
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    作品概要 一遍 あらすじ 鎌倉時代、河野家に生まれた松寿丸は幼くして寺に預けられる。松寿丸は一遍という名を与えられ寺で修行を積む。一心に人々の救済を行おうと1一遍は師である聖達に認められ太宰府に留学する。形骸化した教えに疑問を持っていた一遍 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • いとしの儚

    劇作家:
    横内謙介
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    何もかもダメな人間だが賭博だけはツキの神様に愛され、負けしらずの鈴次郎。ある日、鬼との勝負に勝ち、戦利品として『女』を手に入れる。この『女』は鬼が墓場の死体を掘り起こしてその良いところだけを集めて作り上げた『女』だった。『儚-はかな-』と名 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • エンドロールはお静かに

    劇作家:
    竹内介
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    病に伏せて死を待つだけの男のもとにお迎えがやってくる。人生を精一杯生きて富を築き上げ、家族に見守られて死にゆく最期になんの悔いもないと男は言う。ところが、この世のものではないお迎えの姿を男の妻が見てしまう。お迎えの姿が見えることは死期が近づ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 河童

    河童
    劇作家:
    畑澤聖悟
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    15人

    平凡な町の平凡な高校、平凡な教室。一人の可憐な女子高生が突然河童に変身した。どうしてって聞かないで。だって不条理なんだもん。フランツ・カフカに捧げる愛と笑いの55分。青森県立青森中央高等学校演劇部により上演され、第54回全国高等学校演劇大会 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 金の卵1970

    金の卵1970
    劇作家:
    三浦実夫
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

     戦後第二次着物ブームに湧く、神田川沿いにある手描き友禅工房に、集団就職列車で少年一平が来る。職人としての道を歩み始めた一平の周囲で起こる人間模様。友禅職人鉄男とお嬢夏子の結婚、恋に破れて染色を去る竜二、原爆症に苦しむ医師川瀬と風子の悲恋、 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • グランパと赤い塔

    グランパと赤い塔
    劇作家:
    吉田小夏
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    東京に、大きな空のあったころ。祖母から聞いた話と、祖父から聞けなかった話。その光と影を紡いで結ぶ物語。銭湯帰りに見上げる月を、ライカ犬を乗せた宇宙船スプートニクが横切ってゆく。この高台の町の片隅に、戦前から続く工業所を営む一家が暮らしていた ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 毛皮のマリー

    毛皮のマリー
    劇作家:
    寺山修司
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    15人

    男娼「毛皮のマリー」が一緒に暮らす18歳の息子欣也は、来る日も来る日も、閉じ込められた部屋の中で蝶を捕まえては殺し、標本を作る。 彼に過剰な愛を抱くマリーは、彼に半ズボンをはかせ、自分のことを「お母さん」と呼ぶように強いる。だが欣也は「お母 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 荒野に立つ

    劇作家:
    長塚圭史
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    「目玉をなくしたのは君か」 と目玉の探偵は聞く。 「いえ、こうしてあるにはあるのですが」 と答えると、目玉の探偵はにやにや笑って、 「ほら、やっぱり目玉をなくしている」 と言った。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

1〜10本目を表示中