ジャンル“現代劇” 415本が見つかりました。

  • 留鳥の根

    劇作家:
    稲田真理
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    5人

    都会へ出るには、いくつもの山を越えて行かなければならない、養殖業が盛んな町。 交番に勤める巡査・錦戸は、町民の為に何ができるか何ができないのか、無力感にさいなまれながら日々悩んでいる。 深夜の交番に、両手に脱いだ靴を持ち、女・ユカリが飛び込 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ルーツ

    ルーツ
    劇作家:
    松井周
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    私たちはどこから来てどこに向かうのか? 現代日本の縮図のような、過疎の集落における希望と絶望の物語。 微生物の発見や新しい生命の誕生は、この集落をはたして再生に導くのか? これまでの、そして、これからの共同体の姿を問う意欲作。 KAAT神奈 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • Requiem三部作

    Requiem三部作
    劇作家:
    井伏銀太郎
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    5人

    『前夜』震災で婚約者を亡くした濱田博幸と婚約者の妹・櫻田早雪。 遺体安置所で一緒に家族を探し、悲しみを共有1ふたりはやがて 愛しあい結婚1事になる。結婚式前夜と震災前夜が交差する。 『海月と花火』仙台うみの杜水族館の海月の水槽の前 高校時 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 朗読キネマ『潮騒の祈り』

    朗読キネマ『潮騒の祈り』
    劇作家:
    高橋郁子
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    3人

    「わたしが孕んだのは、愛それとも憎しみかーー」  母と娘、海と命の物語。  本作は主宰・高橋郁子のオリジナル作。12月の満月が土日にかかる年に本公演を繰り返していくidenshi195の軸を成す作品である。    主人公の綾子は身篭 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ロウバジェット

    ロウバジェット
    劇作家:
    福田卓郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    最近、日本映画が興行ランキングでハリウッド映画に負けない好成績をあげて いる。 では日本の映画製作現場は絶好調なのだろうか? とんでもない。 二極化が進み、小さな映画は今まで以上に苦しい状況と闘っている。 ここにもそんな映画クルーが一組。 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ロスタイム

    ロスタイム
    劇作家:
    鏡味富美子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    12人

    夫婦や親子、姉妹って難しい。家族だからついつい言いたい事いってしまう。 臨終を迎えた82歳の健三に30時間のロスタイムが与えられる。 ボケた妻になにやら問題を抱える娘たち「どうしよう、どうしよう、あれやこれやで忙しい・・・」

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ロンギヌスの槍

    劇作家:
    吉水恭子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    11人

    書きたいのは裁きの場所。ひとが人を裁くということ。 共和党委員長、赤巌弥太郎が演説中に刺殺された。 犯人は17歳の少女。 少女の所属団体、愛心党の党首が疑われるが、少女は単独犯を主張。 ロンギヌスの槍を握っているのは、少女であり、そして ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ワスレノコリ

    ワスレノコリ
    劇作家:
    三枝希望
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    秋も深まった海辺の民宿で、その民宿の経営者であった母親の友人のお通夜の仕切りを任された女が仕事と家事で忙しい二人の妹を呼び出し、ついでに二年前に亡くなった母親の思い出を語り合おうというもくろみに迷惑この上ない妹たち。しかも民宿の娘は、母親の ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 私、洗濯機をさらいにいくわ

    劇作家:
    原田ゆう
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    1人

    上更家くすりはかつて住んでいたアパートを訪れ、洗濯機(外置き)を現住人に無断で持ち去る。その洗濯機は、2014年、インド洋上で行方不明になったマレーシア航空の飛行機に搭乗していた恋人、楊が大事にしていたもので、くすりは引越しの際に処分できず ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 33
  5. 34
  6. 35
  7. 36
  8. 37
  9. 38
  10. 39
  11. 40
  12. 41
  13. 42

401〜410本目を表示中