ジャンル“日本語” 454本が見つかりました。

  • 復活

    劇作家:
    島村抱月
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    若い貴族ドミートリイ・イワーノヴィチ・ネフリュードフ公爵は殺人事件の裁判に陪審員として出廷するが、被告人の一人である若い女を見て驚く。彼女は、彼がかつて別れ際に100ルーブルを渡すという軽はずみな言動で弄んで捨てた、おじ夫婦の別荘の下女カチ ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 役の行者

    劇作家:
    坪内逍遥
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    一言主と女怪という荒神が、悪さをして人々を困らせていたが、行者によってその力を封印されていた。行者の母が、息子を訪ねてくる。途中で立ち寄った家では、荒神と行者の伝説を、村人が娘らに聞かせているところだった。そこに行者の弟子、広足が気絶したま ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 十六形

    劇作家:
    曾我廼家五郎
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    16人以上

    ある木管会社。一週間夜通し働いたのに、会社が大きな損失を出したため賃金がもらえず、怒りがおさまらない工夫たち。力づくで訴えようとするのを、社長に会ってなんとかするからちょっと待ってくれ、と本田は言う。 その夜、本田が帰宅してみると妹のおた ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 宝の拍手

    劇作家:
    曾我廼家五郎
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    15人

    東海道にある茶屋。仙台屋、彌兵衛が朝から無言で座っている。 米の相場師として、乗るか反るかの瀬戸際にあるらしい。だがその判断が自身ではできず、東海道を上り下りする旅人の言葉から何かを感じ取り、売るか買うかを決めようとしているのだ。そこへや ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • おさの音

    劇作家:
    三好十郎
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    16人以上

    戦地から復員した盲目の次郎は弟の末吉に手紙の口述筆記を依頼する。それは許嫁の夏子に宛てた別れの手紙だった。書くことを拒む末吉だが、兄から切望され、万年ペンを手に取り、次郎の夏子への言葉を紡いでいく。その時遠くから、トントンハタリ、トントン、 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 首を切るのは誰だ

    劇作家:
    三好十郎
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    9人

    小学校生徒、耕一の発した純粋な言葉は、地主と小作人との労働争議に関わる問題だった。それは教育に関わる小学校の教員から県知事までの「首」をかけての騒動に波及していく。「首を切る」を社会的視野から皮肉に描いた作品。 パブリックドメイン作品 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 剃刀

    劇作家:
    中村吉蔵
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    6人

    理髪師の爲吉は東京付近の片田舎で、理髪店をお鹿と一緒に営んでいた。 ある日、同級生の岡田が代議士になり新聞にも掲載、皆が岡田を褒め称える。子供の頃は成績を競い合う程だったのに……とイライラを募らせる爲吉。 そこに岡田が髭を剃ってほしいい ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 暮春挿話

    劇作家:
    佐藤春夫
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    6人

    海外の避暑地のホデルに滞在している外交官の若い夫婦。他愛ない会話で楽しんでいるところへ一人の老神士が現われ、外交官の妻が、実は自分の娘であると告白をし、一人で延々とその事情を語る。 突然の出来事に驚いている外交官に、後を託して悠然と姿を消す ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 髑髏舞

    劇作家:
    吉井勇
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    9人

    ある精神病院の一室。落語家、句楽は魂を作る機会を発明したと、講談師の典凌に話す。典凌はその話に魅入り、その機会を作ることに賛成する。だが機会を作るにはお金がいる。そのお金は二人会を開き、その収入を当てようということになったのだが、なにせ句楽 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 午後三時

    劇作家:
    吉井勇
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    14人

    日本海に臨んだ北国の港町の陰惨な空気を背景に、不吉な運命におののく捕鯨船の老いた砲手。自ら死へと向かう、彼の最期を描いたもの。 パブリックドメイン作品なので、許諾は不要となります。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 45
  13. 46

31〜40本目を表示中