ジャンル“現代劇” 415本が見つかりました。

  • 真夜中の太陽(高校演劇Ver.)

    劇作家:
    工藤千夏
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    11人

    戦時中の少女たちの小さな日常の物語。 2009.11.4-11.8 全労済ホール/スペース・ゼロ(東京)で行われた全労済ホール/スペース・ゼロ20周年記念「ラフカット2009」ラフカット15周年スペシャル  第二話「真夜中の太陽」(原案・音 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 無差別

    劇作家:
    中屋敷法仁
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    7人

    この日出ずる国が、海の彼方の国々と、激しい戦に明け暮れていた時代。 穢れた家に生まれ育った族谷狗吉は、新たに生まれた妹・狗子を穢れから救い出し、人間として生きたいと願った。楠木に宿る魂、大楠古多万は、かつて人間であった祟り神・天神様より、自 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 贋作マクベス

    劇作家:
    中屋敷法仁
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    5人

    高校演劇の大会にシェークスピア作品「マクベス」で挑もうと1青森の演劇部員たち。しかし、方向性やモチベーションの違いから、通し稽古はどんどんおかしくなっていく。100%実話に基づく、ノンフィクション演劇。内輪ネタを多発し続ける高校演劇界に、新 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 私、洗濯機をさらいにいくわ

    劇作家:
    原田ゆう
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    1人

    上更家くすりはかつて住んでいたアパートを訪れ、洗濯機(外置き)を現住人に無断で持ち去る。その洗濯機は、2014年、インド洋上で行方不明になったマレーシア航空の飛行機に搭乗していた恋人、楊が大事にしていたもので、くすりは引越しの際に処分できず ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 螢の光

    螢の光
    劇作家:
    角ひろみ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    5人

    尼崎。北の突き当たりの市営団地。傍には水路。 ドブのような水路にもその時期には数匹の蛍が舞う。 6月の日暮れ。 団地に住む平凡な妻、井上晴子が消えた。 同日、近所のコンビニには女の強盗が入ったらしい。 そして一週間。 晴子の夫、勉は会社を ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 囁谷シルバー男声合唱団

    囁谷シルバー男声合唱団
    劇作家:
    角ひろみ
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    9人

    数年先の未来。山深い集落、囁谷。 昔話では隠れ里として有名だが、実際今は限界集落。 かつては林業で食いつないだものの、男たちは高齢でほぼ引退。 森林組合の男声合唱団だけが細々と続いている。 若い町長が計画1囁谷シルバータウン構想。 そして第 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • だけど涙が出ちゃう

    だけど涙が出ちゃう
    劇作家:
    工藤千夏
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    5人

    被害者家族が死刑を執行1ことができる「死刑員制度」という架空の制度をモチーフに畑澤聖悟が作・演出した『どんとゆけ』の登場人物である青木しのが高校生だった頃の事件を描いた前日譚。渡辺源四郎商店公演として畑澤聖悟の『どんとゆけ』と二本立て上演1 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • チェーコフ・イズ・グレート、バット...

    チェーコフ・イズ・グレート、バット...
    劇作家:
    木内宏昌
    上演時間:
    3時間以上
    上演人数:
    16人以上

    このテキストはチェーホフ四大戯曲から若者たちの恋の場面を抜粋し、各戯曲の1〜4幕を、「かもめ」「ワーニャ伯父」「三人姉妹」「桜の園」の順に全16場で構成・翻案しています。台詞は原作の翻訳および翻案を基本とし、後半には登場人物が物語の枠を越え ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • Save the 鉄観音

    Save the 鉄観音
    劇作家:
    原田裕史
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    12人

    本土決戦間近の日本、一人の男が寺の住職から観音様の疎開を頼まれる。この観音様は鉄でできているため、供出しなければならない。だが、仏を溶かすことはできない。盗まれたことにして、疎開させて欲しいと。男は鉄の観音様を背中に背負い、九州まで疎開の旅 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ミンナノウタ

    ミンナノウタ
    劇作家:
    松本淳子
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    13人

    【歴史の流れは いかになるとも われら生まれて故郷を愛す】と歌う「小杉谷小・中学校校歌」と、ある人の「生きているうちにもういっぺんあそこに行きたかなぁ」とつぶやいた言葉がきっかけとなって、2000年旧暦九月十六日、山の神まつりの日に「行こう ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. ...
  4. 33
  5. 34
  6. 35
  7. 36
  8. 37
  9. 38
  10. 39
  11. 40
  12. 41
  13. 42

391〜400本目を表示中