ジャンル“時代劇” 76本が見つかりました。

  • さらば、愛おしき日々よ~麻倉次郎吉 愛の物語~

    さらば、愛おしき日々よ~麻倉次郎吉 愛の物語~
    劇作家:
    中島千尋
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    6人

    主人公、麻倉次郎吉は金持ちのみをターゲットにし、たった一人で盗みを成し遂げる盗人である。たった一人で盗みを成功させる爽快感から、街では大変人気が高く、“悪のヒーロー”とまで言われていた。正義を貫く鬼警部、平塚佐助。彼は次郎吉と共に孤児院で育 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 明日花ーあしたばなー

    明日花ーあしたばなー
    劇作家:
    岩瀬晶子
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    10人

    舞台は昭和25年(1950年)の東京近郊にある浅丘町。明治時代から続く小野花火店の隣にある中華料理店「りんどう」は、戦後初めて再開される花火大会の運営事務所となっている。そこで運営を仕切っている文山と名乗る男は、半年前、どうしても花火大会を ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 国語の時間 1940-1945京城

    劇作家:
    小里清
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    10人

    1940年代前半、日本による植民地統治下にあった京城(現ソウル)の小学校が舞台。愛国と売国のはざまで、<国語>をめぐって織りなされる朝鮮人の悲喜劇。

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 『武田信玄~白雲流れゆく彼方に~』

    『武田信玄~白雲流れゆく彼方に~』
    劇作家:
    美咲蘭
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    徹底した取材のもとに既知の文学作品やテレビドラマとはまた趣を異に1武田信玄像を創出。少年時代に端を発1父・信虎との確執、そして父の追放、甲州法度の制定などに代表される治世、嫡男・義信に続く妻・三条夫人との離別、後継者・勝頼の滅びに至るまでの ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ケプラー・あこがれの星海航路

    劇作家:
    篠原久美子
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    17世紀の天文学者、ヨハネス・ケプラーの評伝劇。 ヨハネス・ケプラーの守護天使になろうとした天使は、誤って弟のハインリヒを祝福し、その守護天使になってしまう。弟を通して、笑うしかないほど崩壊した家庭で育つ天才天文学者の卑小な半生と、純粋で ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 『戦国散華 真田幸村~十勇士外伝~』

    『戦国散華 真田幸村~十勇士外伝~』
    劇作家:
    美咲蘭
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    信州の山河・空気の中に育まれた取材力を生かし、信州の風土に根差した清廉かつ知力に長けた一族の興亡を描く作品。製鉄にいそしむ真田の里の少年時代、上杉・豊臣の人質となる青年期、そして紀州九度山における配流の日々、真田丸での合戦を経て滅亡に至る愛 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • ハオト

    劇作家:
    小野寺丈
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    太平洋戦争末期の日本で、敵国から絶対に攻撃を受けない特殊施設があった。 そこは社会から溢れた人たちが収監され治療を受ける、俗に精神病院とも呼ばれる場所だった。 ただ唯一 普通の病院と違うところは、大日本帝国軍にとって最重要拠点となってい ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 石橋の伝説 (前編 肥後石工水口橋別離 本編 大川心中物語)

    石橋の伝説 (前編 肥後石工水口橋別離 本編 大川心中物語)
    劇作家:
    岡山晴彦
    上演時間:
    3時間以上
    上演人数:
    16人以上

    (前編)幕末薩摩の地で肥後の石工の言伝えを脚色した物語。棟梁三五郎は石橋築造治水など難工事を成し遂げるが、藩の紛争に巻き込まれ、やがて愛する女の不慮の死を弔い、薩摩の石工達に見送られ、最後に架けた石橋を渡り別れを告げて行く。(本編)東京下町 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 綺羅の鼓

    綺羅の鼓
    劇作家:
    岡山晴彦
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    12人

    詩劇作品、西日本新聞で紹介。古事記・日本書紀・風土記の「巨木・枯野船説話」、能の「綾の鼓」書紀の「磐井の乱」を参考。一場大樹の精の枯野姫と筑紫国造の磐井が出会う。後場九州の孤児院で戦で片腕を失った公彦と空襲で記憶を失った冬乃が出会う。二場千 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 満月に躍る

    満月に躍る
    劇作家:
    塩澤剛史
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    14人

    時は大正9年、便利屋を営む鈴ヶ森には 物と会話ができる異能の力があった。 とある依頼を解決した鈴ヶ森に華族の万里小路から極秘で娘の命を救ってほいしいという依頼がはいるのだが・・・。 令和にお届けする大正浪漫物語! 異聞奇譚 其の壱「 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8

21〜30本目を表示中