ジャンル“時代劇” 42本が見つかりました。

  • 新生戯曲展 隠顕

    新生戯曲展 隠顕
    劇作家:
    宇里香菜
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    7人

    耳なし芳一のオマージュ/主人公の男が、各地を旅しながら出逢う人たちに昔話を話す。昔話がいつの間にか現実の話ではないかと疑い出し、最後に実は死ぬことを許されない耳なし芳一だった。

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • Say no Anee

    Say no Anee
    劇作家:
    若城八千代
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    6人

    妹尾宏太は、就活も恋愛もうまくいかず、やりたいことがわからない チャラくてデリカシーのない上野や 無難にいろいろなことをこなせる小笠原と つるんでいても、いつも孤立していた。 兄井雪菜は大学には進学せず就職して日々を送っていた、 人嫌い ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • ラストシャフル

    ラストシャフル
    劇作家:
    久間勝彦
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    身寄りのない資産家の老人が死んだという。噂を聞き、金目の物を盗み出そうと屋敷に忍び込んだ恭平と久美。しかし、そこで二人が出会ったのは、死んだはずの老人だった。認知症を患う老人は、恭平を息子と勘違いし、押しかけて来た近所の青年達も二人を老人の ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 露の見た夢

    露の見た夢
    劇作家:
    久間勝彦
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    ある日、寺院で酒を盗んだタジムは、まともな調べを受ける事も無く、刑場に引き出され、処刑される事になる。幼い頃、親に仕込まれて盗人となったタジムは、自分の運命を恨み、歯噛みをし、泣き叫んだ。 しかし、彼の隣には、同じように杭に繋がれ、死を宣告 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 関ケ原BOOGIE☆WOOGIE ~小早川の場合~

    関ケ原BOOGIE☆WOOGIE ~小早川の場合~
    劇作家:
    小川大二郎
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    15人

    時は一六00年。後に天下分け目の合戦と呼ばれる大戦が関ヶ原で 繰り広げられた。 西軍大将代理・石田三成は後世名高い鶴翼の陣を布き、一方徳川家康 も十万以上の兵を率いて西軍武将と次々に密約を結び勢いは劣らない。 互いに睨み合うなか勝敗の鍵を握 ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • イリアス〜怒りと戦争と運命についての叙事詩

    イリアス〜怒りと戦争と運命についての叙事詩
    劇作家:
    木内宏昌
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    9人

    人類最古の物語と言われるホメロス作『イリアス』を戯曲化。カサンドラやコロスを歴史の目撃者として翻案。「人はなぜ戦うか」をテーマに、戦争と平和を問う。2010年、栗山民也演出/内野聖陽・成河・池内博之・新妻聖子・馬淵英里何・平幹二朗ほか出演/ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • とりはだ

    劇作家:
    原田裕史
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    14人

    室町時代からある、後妻をもらった男のもとに先妻があだうちにいく習俗、『うわなり打ち』をベースに、『鬼』を描いた伝奇作品。うわなりうちで、嫉妬の炎をもやした女、吉良は小さな傷がもとで角が生えてくる。鬼となった吉良は村を去るが、20年を経て帰っ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  • 如竹散人乱拍子

    如竹散人乱拍子
    劇作家:
    松本淳子
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    15人

    深山に自生し千年以上の樹齢を持つヤクスギは現代においても高級材として扱われている。しかし450年前中世期の屋久島に住む人々にとっての「奥岳」は神様のおわす場所であり、めったに立ち入ることはなかった。ましてやまるで岩のように大きな杉がどれだけ ...

    作品詳細を表示

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

31〜40本目を表示中