ジャンル“舞台:海外” 40本が見つかりました。

  • ケプラー・あこがれの星海航路

    劇作家:
    篠原久美子
    上演時間:
    2時間~3時間
    上演人数:
    16人以上

    17世紀の天文学者、ヨハネス・ケプラーの評伝劇。 ヨハネス・ケプラーの守護天使になろうとした天使は、誤って弟のハインリヒを祝福し、その守護天使になってしまう。弟を通して、笑うしかないほど崩壊した家庭で育つ天才天文学者の卑小な半生と、純粋で ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 恋はコソッと

    劇作家:
    永井寛孝
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    8人

    舞台はジミーズカンパニー。慰安旅行と称して一人アメリカに旅立つ社長ジミーと残された社員たちの物語。社長が旅行を楽しむ間に起こる御法度の社内恋愛。その相関図は絶1、当事者には悲劇、他人には喜劇のドタバタ劇となり、まさかの結末を迎える。「歌謡」 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 在西安青年

    在西安青年
    劇作家:
    加藤真史
    上演時間:
    20~40分
    上演人数:
    15人

    2002年9月11日、アメリカ同時多発テロからちょうど一年。中華人民共和国陝西省西安市、西安空港、国内線到着ロビー。シルクロード観光ツアーに参加した日本人グループが現地ガイドの迎えを待っている。全行程7日間のツアーもまもなく終了。ある者は旅 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 沙也可

    劇作家:
    大和屋かほる
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    16人以上

    時は、安土桃山時代末期の文禄元年(1592)、豊臣秀吉は明国を征服しようと、その進入路確保のため朝鮮に攻め入った。世に言う「文禄・慶長の役」である。秀吉に滅ぼされた紀州雑賀一族の再興を図るため頭首・雑賀小源太(さいがこげんた)も、戦国の世に ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 三月三十二日

    劇作家:
    池谷信三郎
    上演時間:
    40~60分
    上演人数:
    4人

    1923年。日本人留学生の槇はロッテと、その連れ子と一緒に暮らしている。 ロッテはかつて、友達のゲルダと一緒に淫売婦をしていた。そのゲルダが1年ぶりにロッテに会いに来る。ロッテは今では幸せな生活を送っているが、ゲルダの思い出話に苦しかった ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 十六歳

    十六歳
    劇作家:
    小野小町
    上演時間:
    60~90分
    上演人数:
    2人

    汚い身なりのイスラム系の若者と、白いドレスのアメリカの少女、デイジーが横たわっている。どちらも片方の腕が痛い…。どうやら二人は死後の世界で出会ったらしい。天国に行くためには、自分の大切なものを三つ、相手に手にしてもらわなければならない。(自 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 昇龍伝説

    劇作家:
    岡安伸治
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    7人

    ホームレスのぜんちゃんが悪ガキに火炎瓶を投げつけられ、救急車で運ばれる。病院に次々と断られ、その運ばれている間に語った物語。小さな鯉が龍になりたいと旅に出る。 この作品は2018年2月に桐朋学園芸術短大・演劇専攻・卒業公演として俳優座劇場で ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 砂の駅

    砂の駅
    劇作家:
    太田省吾
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    11人

    「水の駅」を始めとした太田省吾の駅シリーズの集大成ともいうべき作品。ゆったりとした動きと台詞無しの沈黙劇である。舞台は直径10Mの砂の円。そこにそれぞれの方角からやってきた旅人たちが、偶然に出会い、ひと時を過ごし、別れ、またどこかへと旅立っ ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • そこまで言わんでモリエール

    そこまで言わんでモリエール
    劇作家:
    高間響
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    13人

    モリエールとは、17世期フランスの喜劇作家である。 1665年12月15日 モリエールの率いる劇団は、かねてから目をかけていた若手劇作家ジャン・ラシーヌの悲劇作品である『アレキサンダー大王』の5回目の上演を終えていた。 4回目の公演までは ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  • 大家好!我們就是女主角!!

    劇作家:
    加賀屋淳
    上演時間:
    90~120分
    上演人数:
    2人

    舞台は日本と台湾。登場人物は二人 広田優子は日本の中堅商社の若き女性部長として働く才色兼備の女性。 仕事も良く出来、彼女の人生はすべて順風満帆と喩えることができるほどうまくいっている 一方、同じ会社に務めるものの平凡な毎日を送 ...

    作品詳細を表示 ※上演許諾などはコチラ

    戯曲を読む
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

11〜20本目を表示中